Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Just Another World

Just Another World

ベトナム

【ホーチミン】海外旅行マニアが行く初めてのベトナム③1度は行きたい定番観光!クチトンネル&メコン川クルーズ終日観光

【ホーチミン】海外旅行マニアが行く初めてのベトナム③1度は行きたい定番観光!クチトンネル&メコン川クルーズ終日観光
Pocket

旅行といえば欠かせないのは観光

もうとにかくコテージでゆーーーっくり過ごす!
とかじゃない限りは観光しない人ってなかなかいないですよね。

ホーチミンに行くなら絶対行きたかったメコン川クルーズ
個人的にかなり興味のあったクチトンネル

メコン川クルーズに行くならクチトンネルはまた今度かな…と思ってたのですが
1日で両方を回るツアーを発見して即お申込み。

1日でメコン川クチトンネルもって欲張りすぎ?って思ったけど
やっぱり両方回れてとっても満足でした。
ちょっと疲れたけどオススメなツアーなのでご紹介です!

クチトンネル:まずはベトナム戦争の傷跡から

今回参加したのはTNKトラベルジャパンさんの
クチトンネル&メコンデルタツアー

朝8時に大型バスに乗り込みツアースタート!
市内は何カ所かのホテルでピックアップをしてくれます。
(ちなみにラッキーな事にわたしは滞在中の
コンチネンタルホテルへピックアップに来てくれました)

日本の連休という事もあって、子ども連れも3組ほど。
現地に転勤してきた駐在員のご家族もいらっしゃいました。

クチトンネルまではバスで約2時間ほどで到着です。
(途中トイレ休憩はなし)

クチトンネルとは

冷戦時代、代理戦争の代表例のひとつともいえるベトナム戦争
そのベトナム戦争中に南ベトナム民族解放戦線(ベトコン軍)
アメリカ軍への抵抗をしていた拠点のひとつ。

地下にアリの巣のように
トンネルが約200キロほども掘られているらしい…
その中では人々が生活し、
ベトコン軍が潜み、ゲリラ戦を展開。

ベトナム側の勝利の要因のひとつだったのは間違いないでしょう。

観光は当時の様子のお勉強から…

さて、クチトンネルに着くとまず
当時の様子が収められた
とってもアンチアメリカなビデオを見ます。

まぁ…ベトナム側としては完全なる侵略者で
平和を壊した張本人ですからね。
21世紀にしてとてつもないワンサイドな見方だなぁと
思わなくはないけど…
ビデオが作られた時代も古そうでしたし仕方なし(笑

そしてガイドの方がボードや模型を使って
さらに詳しく説明をしてくれます。
クチトンネル クチトンネルクチトンネル自体は地下3層に渡って彫られていて
それぞれ異なった用途があったそうですが
わたし達が観光で訪れることができるのは地下1階部分。
案外びっくりしたのは、ここもまだホーチミン市だという事。
市内からは約80キロ弱ほど離れています。

クチトンネルの概要を聞いたら早速今度はトンネル探検スタート!クチトンネル大人は進むときに中腰になるのでかなり足腰が鍛えられます。
クチトンネル

しかもこの体制で入っていける入口はまだ良し…

クチトンネル クチトンネルこっちが主流の出入り口だったようで…
たしかにかなり見分けにくい。

中は急な階段になっています。

早速わたしも挑戦。
髪の毛を結んで気合ばっちり…!!
クチトンネル…だったのですが、前日しっかり雨が降ったこの日。
この後足を滑らせ階段に尻もちをつき
ジーパンがドロドロになりました…笑

あと割と暗闇の中を手探りで進んでいかなきゃいけないので
手も土まみれになります。
きっとベトナム旅行には皆さんお持ちだと思うけど
ウェットティッシュをお忘れなく!

クチトンネル クチトンネル地下生活の空気穴

クチトンネル軍会議室…下っ端少尉はこんな視線でしょうか…

そしてベトコン軍が履いていた、タイヤで作るサンダル
今も製作している方の実演所もありました。
クチトンネルわたし個人的には
戦争を知らずして戦争を止めるなんて
実際何を止めるのかわからないじゃないか、と思っているので
こういったいわゆる戦争遺産的なところは
ぜひ積極的に訪れたいところ。

小さい子もちょっと探検心くすぐられて楽しいかも…
親は足腰だいぶつらいけどね!笑

クチトンネルの観光はだいたい1時間ぐらい。
でもその時間の3分1ぐらいは中腰で歩いている事になります(笑
途中通りぬけるのに10分ぐらいかかるルートもあるので
しっかり足腰鍛えてからご訪問ください!笑

ちなみに最後にライフル銃体験もあり。
値段と弾数見て、友達と「アメリカ行こっか」と…笑
でも結構体験撃ってる方も多かったので
興味があればぜひ。

メコン川クルーズ

さて、お昼を挟んで午後はメコンデルタツアー
半日のメコンデルタのみのツアーもあるほど
人気の観光地域です。

旅行会社勤務時代、ヨーロッパ担当のわたしでもよく聞くほど
オプショナルツアーの参加が多かった気がする、メコン川クルーズ

まぁ、わたしは推しがバラエティDVDで行ってたから
行きたかっただけなんだけどね(笑
(気になる方は下野紘のおもてなシーモ!6・7巻をチェック!!笑)

ミトーという町からまずは船で中州に浮かぶ島へ渡ります。

そして到着するとすぐに養蜂場のオモテナシ。
メコン川クルーズいやぁ…わたし苦手なんだけよね、(笑

ここで蜂蜜ロイヤルゼリーについて聞いた後
満を持して、実食。
メコン川クルーズ少しの蜂蜜を、ジャスミン茶に溶かして
一緒に飲むそう。これが意外となかなかおいしい…。
(家でやってもおいしいのかな…)

蜂蜜ロイヤルゼリーは購入も可能。
お土産に買ってる方達もいらっしゃいました。

そしてそのお隣では更なる貴重体験。
わたしはまた髪の毛をきっちり結んで気合十分!笑
メコン川クルーズニシキヘビ巻き体験してきましたー!

虫はダメだけど、爬虫類はそこまでではないんだよね…
何だろう、なんとも形容しがたい感触。。。

ものすごくしっぽを巻き付けてくる以外は
すごくおとなしい子でした。
小さな男の子たちは喜んでたし
女の子はちょっと怖がってたかな…
あと案外テンション高かったのはお父さん陣(笑

その後島内をお散歩。
メコン川クルーズザ・マーケットって感じのお店も出ていました。
生活雑貨とかお土産品とかも売ってたけど
基本的には素通り…

途中で民謡演奏を聴きながらフルーツのおやつを頂き
いざ、メインイベント:ジャングル・クルーズへ!
メコン川クルーズ船には4人乗り+船頭2人で分かれて乗車。
メコン川クルーズこんな景色の中をただひたすら進んでいきます。
水辺に育つココナッツとか
何やらお仕事中の島の人とかがたまに見える感じ。

あ、ちなみに傘は乗船の時に貸してくれて
下船の時には返却なので、自撮りをお忘れなく!
メコン川クルーズ下船後、最後にココナッツ工場に立ち寄ります。

ココナッツ産業はこの島の大切な収入源らしい。
ココナッツキャラメルをはじめ、
様々なココナッツ使用製品がお土産になってました。
リップクリームやら石鹸やら…
メコン川クルーズちなみにココナッツ皮むきの実演もあり。
とっても危険なので、後ろにはしっかり
『観光客はやらないでください』って
趣旨の事が書いてあるらしい。

最後はまた船に乗ってミトーの町に戻り
バスでホーチミンへ。

市内の到着はだいたい夜19時頃。
ピックアップ場所になってたホテルの他
わたし達はそのあとナイトマーケットを散策のため
ブイビエン通りの近くで降ろしてもらいました。

1日まるっと予定が空けられる方は
ぜひ、一度はクチトンネル&メコン川クルーズ
体験してみるのがオススメです!

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top