Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Just Another World

Just Another World

ベトナム

【ホーチミン】海外旅行マニアが行く初めてのベトナム①アオザイ着てコロニアル建築が見たい!…ができなかった話。バイクタクシーの罠

【ホーチミン】海外旅行マニアが行く初めてのベトナム①アオザイ着てコロニアル建築が見たい!…ができなかった話。バイクタクシーの罠
Pocket

アジア初心者が行くアジアシリーズ第2弾!パフパフパフ~(笑
何カ国まで初心者扱いでいいんでしょうかね…あと1カ国ぐらいかな…?

今回は3連休を利用してベトナムに行ってまいりましたー!
そしてネタ的に抜群な失敗もしっかりしてきました…笑

観光1日目、民族衣装でもあるアオザイを着て記念撮影をしながら
市内をめぐる予定が、全然予想外の観光になってしまった…
ホーチミンに観光に行ったら大抵の人が経験あるであろう
客引きタクシーに引っかかってみたら、案外面倒な事になったので
ぜひとも事前によく考えてから使うかどうか決めましょう。
…っていうオススメ記事です(笑

やりたい事①アオザイを着たい

今回は1日レンタルサービスを使いました。
お世話になったのは「SKYhubグローバルツアーラウンジ」でのレンタル。
大手旅行会社のオプションとかにも入ってるところ。
わたしの前職場も利用してました(笑
あ、ちょっと余談だけどここのラウンジドンコイ通り沿いにあるし
wifi使えたり、ドリンク飲めたりするのでうまく利用するといいと思う!

アオザイレンタルは口コミを見ていたら
朝は種類が多く遅くなるにつれ選択肢が減る…
って事だったので朝一で出かけてみました。

ベトナム人の方々は小柄なようで
日本でよく見る洋服のサイズ表記ー1サイズってイメージ。
ベトナムのL日本のMサイズ。
結果、体系の大きい方は選択肢がかなり限られます!!!

わたし普段がだいたい2L、伸びない生地だと3Lなんだけど
一番大きいサイズ群の、横に伸縮性のある生地のもので
一応着ることができました…
普段M~Lを着用の友人もきつくない程度を選ぼうとしたら
結局一番大きいサイズから選んでたし…
なんでもいいからちょこっと着たいだけ、とかじゃなければ
9時にはオフィスに行くのがオススメです!

アオザイ着用=わたしは観光客ですと言いふらしているのと一緒

まぁこの点に関してはカメラ持ってりゃ一緒だとは思うんだけどね。

ドンコイ通りこんな事地元の人やらないもんね…笑

とにかくわらわらバイクタクシーのおっちゃんたちが寄ってくる。
この日、朝ホテルに到着後からずっと声かけられていたのもあって
相手するのも面倒だったんだけど
ひとつだけ行きたいけど足がないな、って思ってるところがあったんだよね。

チョロン

ホーチミンの中心地からは少し離れてて
でもチャイナタウン的な雰囲気もあって
行ってみたいな―と思っていた場所。
(元々華人系の移民の人たちが住んでたエリアらしい。)

たまたま声かけてきてくれたおっちゃんが
チョロンまで行ける、って事だったので乗る事に決める…

まぁこれが判断ミスだったよね。
知らないって罪(笑

バイクタクシー観光がある事を知らなかった

どのおっちゃんも手口はだいたい同じだったんだけど
何年も昔からの日本人の感想のノート(超ボロボロ)を見せられ
【こんなに日本人の案内をしてるんだ!】ってゴリ押しされる。
『他の日本人もみんなやってるんだ…』って安心感を持たせたいんだと思う。

そしてその感想の中で実際に回った場所を書いたページを見せられる。
あと、1時間あたりの料金を書いてある感想ページも見せられる。

わたしの時はチョロンとか、2区から1区の写真を撮るとか
5か所ぐらい回ったっていう感想のページを見せられて
1時間一緒に回った人の感想だから、これぐらい行けるから
見て!っていう…ノートも何冊も持ってて
友達と両方に無理矢理持たされ全然離れられない。

正直超面倒だし、わたしの時間を奪うなコノヤロー!状態。

行きたいところに連れて行く降りたい時に降りていい
最後はアオザイ返却のオフィス前で降ろすから!
…と言われてついでに両替所も連れてってくれて、って事で
まぁいっか、チョロン行きたいし、と思って乗りました。

バイクタクシー観光に乗ってよかったこと

一応利用してよかったな、と思う面もありました(笑
わたしたちの行きたかったチョロン然り、
離れたところの観光はかなり楽だった

本来はバスで行かなきゃかな、って思ってたけど
ベトナムの交通量見てたら『相当時間かかるな~』と思ってた中
かなり時間短縮をしてビンタイ市場ティエンハウ寺の他
ピンクの教会として有名なタンディン教会も回れた。
タンディン教会

そしてバイクで通りすぎた有名な建物とかは
一応その都度その都度、ここが●●だよ~と教えてくれる。

お茶葉やコーヒー豆の専門店に連れて行ってくれる。
ただね、散々安い!って言われたけど
その後屋台とか見てた限りそうでもなかった(笑
まぁ品質が良ければ…コスパはいいって事になるのかなw

あとご飯ね。これがおいしいよ、これが地元の味だよ、っていうのを
教えてもらえたのは…悪くはないかな。
(まぁ連れていかれたのは普通にレストランだったがw)

バイクタクシー観光のデメリット

まぁ要するに、上に書いた良かったこと以上に
デメリットが大きいから無駄だったな、って思っているわけで
この辺は個人的にデメリットよりメリットが大きく感じる人もいるだろうから
そこは熟考してほしい。
デメリットもあるけど、上のようなメリットだって大事だと思うからね。

わたしが何が一番ダメだったかって、時間的拘束が長い
先述したように、1時間で巡った場所を5か所とか書いてあったけど
【 1 時 間 じ ゃ め ぐ り き れ な い 】

わたしの場合は

*タンディン教会(外観のみ)
*ティエンハウ寺
ティエンハウ寺 ティエンハウ寺 ティエンハウ寺

*チャータム教会
チャータム教会 チャータム教会

*ビンタイ市場(買い物はなし)
ビンタイ市場

*コーヒー豆店

この時点で2時間越え
そしてこの後このまま4区のレストランに連れていかれる。
っていうかこの前にわたしたちお腹空いてないから
ランチはいらないって言ってたのに強制連行
まぁなんか致し方ないかって事でご飯。

そんでこっからが面倒だったんだけど
突然1日コースでご飯代込320万ドンでどうだって話になる。
でもさ、元々1時間20万ドンって言われてたから
5時間でも100万ドンですよ。ご飯代は別だけど。
それでもベトナムの物価でそんなにご飯代かかるわけがない。
そして『そんなにお金持ってないから』って断ると
いかにこの320万ドンがお得なのかを力説してきて
こっちの話は聞く耳持たず

超 絶 面 倒

しかもさらに面倒に拍車をかけたのが
おっさん2人(各バイクドライバー)とわたしと友達だったんだけど
酔っぱらったおっさんたちの
ボディータッチやらチューやらが激しくてキモチワルイ

(別に貞操倫理の話をするわけじゃないけどそれでも私も友人も
海外生活経験も長いからある程度の免疫とあしらい方は知ってるつもり)

しかもレストランの場所は4区で中心地ではない
メイン通り沿いじゃないからタクシーが拾えない位置にある。

結果そのレストランで4時間足止めを食らいました。
まぁ途中スコールが止まなくて帰るに帰れないって状況でもあったんだけど
わたし的には博物館系の中でスコールをやり過ごせればいいって思ってたから
観光の時間丸まる潰された感

いや…刺してやりたいぐらい恨むね(笑

学生の時だったらまだしも、いい大人の年齢に片足突っ込んでる身としては
お金よりも時間を自分に費やしたい
戦争博物館なんて別に面白くないよって言って一蹴されたけど
【わたしの興味をなぜお前が決める???】という。
(こちとら国際政治学の修士だぞw)

刺してやりたいぐらいうら(ry

最終的には絶対ここで帰る、というのを崩さず
おっさんズ(笑)も譲らなかったため
250万ドン/1人で手を打ち、手持ちがなかったから
近くのATMでカードキャッシングして払って即帰ってきました。
あ、タクシーはお店に呼んでもらってね。

こういうトラブルを乗り越えてこそ、楽しい

結果からしてわたしが今回失ったものって
時間お金のみで、死にそうな経験をしたわけではないし
犯罪に巻き込まれたわけでもなく、貞操も守られたし(笑
まぁ高い勉強代だったな、ってぐらいで今は思ってます。

いやぁ…貴重な時間が奪われたのは本当痛かったけど
諦めてたバイクタクシーに乗れたというのは貴重な経験だったかな。
原チャでノンヘル2人乗りって日本じゃ絶対あり得ないしねwww
(ちなみにベトナム、別に捕まらないらしい。)

あ、あとお酒弱い子は気を付けて
わたしビール10杯以上飲まされてたけど
酔わないから全然平気っていうのもある…(笑

こういう経験(おっさんからの逃亡も含めてw)ができるのは
やっぱり見ず知らずの土地に旅行に来た醍醐味かな、と。
だから危ない橋を渡れって話じゃないけど
個人旅行を楽しむからにはこういうトラブルに遭遇するリスクと
それを乗り越える経験ができるチャンスがあるよってお話でした(笑

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top