Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Just Another World

Just Another World

神社

【神話】日本の御祖神は姉弟喧嘩の末に引きこもり!?日本神話の天照大御神ってこんな神様!

【神話】日本の御祖神は姉弟喧嘩の末に引きこもり!?日本神話の天照大御神ってこんな神様!
Pocket

神社にはよく行くけど
日本神話は全然知らない!って方でも
日本の御祖神といわれる
天照大御神(アマテラスオオミカミ)の名前は
どこかで聞いたことがあるんじゃないでしょうか?

わたしが日本神話の話をするときによく

神様達って、とっても人間臭いんですよ

と、お話しするのですが
この天照大御神
クスっと笑っちゃうようなエピソードが描かれています。

古事記をベースに少しご紹介しますね!

父の禊で生まれた三貴神の長女

この世に神様が生まれて
そのうちの二神は国を産み、神を産み出します。

これが有名な伊邪那岐尊(イザナギノミコト)伊邪那美(イザナミノミコト)

様々な神を産み出したこの夫婦は
火の神様を産み出した際に火傷をおい
伊邪那美が命を落としてしまいます…

最愛の伊邪那美黄泉の国(死者の国)に行ってしまったのを
連れ戻そうとした伊邪那岐は、黄泉の国に入りますが
姿の変わってしまった伊邪那美を連れ戻すことはできず
命からがら逃げだしてきます。

黄泉の国の穢れを受けた伊邪那岐
川でをしてその穢れを落とします。

するとそので様々な神様が生まれてきました。
脱ぎ捨てた衣服から、垢から…等々
このだけで10柱以上の神様が生まれます。

住吉大社に祀られている
住吉三神(底筒之男命・中筒之男命・上筒之男命)も、この時に生まれます。

そしての最後に、最も貴い3柱の神様が生まれました。

左目を洗った時に、天照大御神が。
右目を洗った時に、月読命が。
そして鼻を洗った時に
建速須佐之男命(タケハヤスサノオノミコト)が。
(ちなみに日本神話では左が上位とされています。
日本の昔の官位でも、最上位は左大臣ですしね。)

伊邪那岐も驚く程のとっても貴い3神。
この3神を三貴神と呼び
天照大御神に神様達の世界(高天原)を
月読命夜の世界
スサノオ海原をそれぞれ治めるようにと言いました。

そう、天照大御神伊邪那岐が穢れを落とした
の最後に生まれてきたのです。
ちなみに日本書紀では伊邪那美は死んでおらず
伊邪那岐伊邪那美を両親として生まれてきます。

竹を切ったら中から出てきたわけでもなく
川を流れてきた桃から生まれてきたわけでもなく…
普通に生まれてきた神様達です。
(禊は普通じゃないか…笑)

この後スサノオを勘当するのを最後に
伊邪那岐は隠居していき
日本神話の中心はこの姉弟を中心としたお話に入っていきます。

姉弟喧嘩の末…引きこもる姉

天照大御神のエピソードとして一番有名なのは
この天岩戸隠れのエピソードだと思います。

伊邪那岐に高天原を追放されたスサノオ
最後にお姉ちゃんに会いに行きます…が!
追放されたはずの弟がやってくるのを見た姉は
臨戦態勢で弟を出迎えます(笑

ただ一目お姉ちゃんに会いに来た弟:スサノオ
これ心外、とばかりに身の潔白を証明するため
お姉ちゃんと誓約(占いの一種)をすることにしました。
大層な兄弟喧嘩よね…笑

お互いの持ち物を交換し、かみ砕いて神様を産み出す
天照大御神スサノオ

古事記ではスサノオの剣から宗像三女神が生まれ
天照大御神の装飾品から5柱の男神が生まれました。
(宗像三女神が気になる方はコチラも参考にしてね
交通を守る、三姉妹)

はてさて、勝負は(古事記では)女神を産み出した
スサノオの勝ち=二心はないということで
天照大御神はスサノオが高天原に留まる事を許します。
(この時は完全に日本も女性優位の世界だったのに…)

すると調子に乗っちゃったスサノオ
田畑の畔を壊したり、水を引くための溝を埋めたり
神殿で脱糞したり…
最初は弟をかばっていた天照大御神でしたが
ついにスサノオの所業で死人が出てしまいます。

弟が怖くなった天照大御神
天岩戸に引きこもり、隠れてしまいました。

高天原の長、太陽神が岩に隠れてしまうという事は…

世界に光が差さなくなり、葦原中国(わたしたちの世界)も真っ暗闇。
邪神があふれ、災いが起こるようになってしまいます。

事態を重く受け止めた神様達は知恵を出し
天照大御神をどうにか岩屋戸から出そうとしました。

重い岩を内側からきっちり閉めてしまった天照大御神でしたが
その岩のすぐ前でお祭り騒ぎ。
天宇受売命(アメノウズメノミコト)が舞い
八百万の神(やおろずのかみ)がどっと笑い
あまりの賑やかさに、天照大御神も気になって外の様子を伺います。

何事かと問えば
「あなたより優れた神様が現れたので嬉しくて踊っています」と…
不思議がった天照大御神に鏡を差し出し
鏡を天照大御神がのぞき込んだ隙に
天照大御神を引っ張りだし
隠れていた岩に注連縄を締めて、隠れられなくしました。

天照大御神が岩から出てきたことで
世界中に太陽が顔をのぞかせ
厄災も無事に収まっていきました…

その後、葦原中国を治めるのは
高天原の統治者である天照大御神の子孫であるべきだ
ということで天孫降臨
その系譜が現在の天皇家につながっていきます。
(それまでにも面白いエピソードがたくさんあるんだけどね)

まぁ確かに話の規模は大きいんだけど
突然魔法を使い始めるでもないし
人外の姿かたちをしているわけでもなければ
ロボットでもサイボーグでもない、天照大御神

ちょっとエピソードに触れると
ちょっと身近に感じませんか?

もし読むのであれば、古事記のほうがオススメ。
日本書紀に比べて、物語性があるので
初心者にも読みやすくなっています。
(もちろん現代語訳で読んでね。)

最近はマンガになったりラノベになったり
ゲームの主人公になったりと
ますます触れ合う機会が増えてきていると思うので
ぜひ興味があったら読んで、神社に会いに行ってみてくださいね。

Facebook グループ立ち上げました!
神社やお寺、史跡などめぐると楽しいところが日本にはまだまだたくさん!
でも、そういったことを熱量たっぷりに話せる人
話してくれる人ってなかなか周りにいなくないですか?わたしはずっとそうでした。
神社とか、お寺とか、お城とか。
好きなのはいいけど誰も共感してくれない。かと思えば間違った作法でお参りしてしまっている人を見かけて
「あぁ、もったいない!」なんて思ってみたり。
でもインターネット社会の今だからこそ、近くに、
そして遠くにいる同じ趣味を持った仲間と繋がりませんか?

こんな神社に行ったよ、こんな写真が撮れたよ、こんなお城に行ってみたい!
みなさんのそんなご報告や、情報収集の場になったらいいな、と思ってFacebookグループを立ち上げました!
まだまだグループを立ち上げたばかりですが
だんだんと活発なコミュニティにして行けたらいいなと思っています。
もちろん参加は無料、情報収集したいだけ…なんて方ももちろんご参加ください!

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top