Just Another World

Just Another World

三重

【伊勢神宮】人と神様を結ぶ宇治橋、五十鈴川の小話

【伊勢神宮】人と神様を結ぶ宇治橋、五十鈴川の小話
Pocket

伊勢神宮:外宮の参拝が終わったらいよいよ内宮へ。

内宮は皇室の御祖先とされ
わたしたち日本人の総氏神ともされる
天照大御神をお祀りしている皇大神宮。

神道に詳しいかそうじゃないかとか
家が神道系の家系かとかそうじゃないとか
様々な理由を抜きにして、たくさんの方が惹かれ
古くから伊勢参りとしてこの地を訪れるのは
そういうところに知らず知らず惹かれるから…
なんてこともあるんじゃないかな?って思っています。

実際に参拝するにあたり
内宮参拝のポイントを順番に見ていきましょう!

五十鈴川にかかる宇治橋、そして宇治橋鳥居

外宮と内宮は5キロちょっと離れてますので
歩いて1時間とかかな?
外宮前からバスが出てます。
私はバスを使ったり
バス待ちのお客さんに声かけて乗合タクシーしちゃったり(笑

伊勢神宮 鳥居

この大きな鳥居(宇治橋鳥居)から先が
今度は内宮の神域内となっていきます。

よく伊勢神宮の観光パンフレット等で使われる
鳥居のから昇る朝日が見えるのはこの鳥居。
五十鈴川にかかる宇治橋に建つ宇治橋鳥居です。

鳥居から昇る朝日を見れるのは冬至を挟んだ約2か月のみ
冬至の日にちょうど真正面から昇る事となります。

日の出時刻約30分後の僅か10分ほどのみの絶景ですので
冬場に泊りがけ等で朝早くから参拝できる方は
ぜひその神秘的な景色を見に行ってみてくださいね。

神宮には朝5時から参拝ができますよ!

そして鳥居をくぐる前に、ちょこっとだけ
脇に目をそらしてみてください。

伊勢神宮 下乗札

鳥居の横の下乗札
この札、昔は【下馬】だったそうです。

高貴な人でもここから先は神様の御前。
ここで馬を降りて、
自分の足で歩かなきゃいけなかった名残です。

多くの人が気づかずスルーしてしまうところですが
ぜひウンチク披露してみてくださいね(笑

五十鈴川に、玉ちゃんの功績?石畳に降りて禊を!

さて、宇治橋で五十鈴川を越えた右側に
手水舎があるのですが
極寒の日の参拝でなければ
ぜひそこを少し通り過ぎ
五十鈴川で禊、いたしませんか?

伊勢神宮 五十鈴川 伊勢神宮 五十鈴川

五十鈴川は内宮神域内に流れる神聖な川です。
昔から、お伊勢参りをする人たちは
ここで日々の穢れを落としてから
正宮にお参りをされいたそう。
もちろん本格式の禊はできないので
手水舎で手口を漱ぐ変わりに
ここでぜひ。

伊勢神宮 五十鈴川

せっかく立派な石畳が敷かれているのですから。
この石畳で川岸まで降りることができます。
少ししゃがみこんで手を付けるのはそんなに難しい事ではありません。

そうぜひ注目していただきたいのはこの石畳

伊勢神宮 五十鈴川石畳

この石畳、江戸幕府第5代将軍綱吉公の生母
桂昌院様が寄進されたといわれる石畳なんです。

さて、桂昌院様といえば…
そう、おたまちゃん!
(まだ読んでない人は下の記事も参考にしてみてください)

【歴史】日本版シンデレラは八百屋の娘?桂昌院のちょっと意外な噂!

以前に書いた、この記事。
玉の輿のモデルとされるお玉ちゃんこと桂昌院様
強く、有名でお金持ちになったお玉ちゃんのおかげで
私たちは今、五十鈴川に触れることができるのかもしれない。。。

っていうちょっとした
歴史と神社のクロスポイントでした(笑

五十鈴川で穢れを落としたら
穢れを払ってくれた川の神様にも
お礼を伝えてから進みましょーねっ!

伊勢神宮 瀧祭神

瀧祭神
祭神:瀧祭大神(たきまつりのおおかみ)
五十鈴川を守護する水の神様ですよ。

五十鈴川を渡れば…
いよいよ内宮の神域内に入っていきます!

NEXT→内宮参拝はまずアマテラスのいる正宮に向かおう!

Facebook グループ立ち上げました!
神社やお寺、史跡などめぐると楽しいところが日本にはまだまだたくさん!
でも、そういったことを熱量たっぷりに話せる人
話してくれる人ってなかなか周りにいなくないですか?わたしはずっとそうでした。
神社とか、お寺とか、お城とか。
好きなのはいいけど誰も共感してくれない。かと思えば間違った作法でお参りしてしまっている人を見かけて
「あぁ、もったいない!」なんて思ってみたり。
でもインターネット社会の今だからこそ、近くに、
そして遠くにいる同じ趣味を持った仲間と繋がりませんか?

こんな神社に行ったよ、こんな写真が撮れたよ、こんなお城に行ってみたい!
みなさんのそんなご報告や、情報収集の場になったらいいな、と思ってFacebookグループを立ち上げました!
まだまだグループを立ち上げたばかりですが
だんだんと活発なコミュニティにして行けたらいいなと思っています。
もちろん参加は無料、情報収集したいだけ…なんて方ももちろんご参加ください!

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top