Just Another World

Just Another World

三重

【伊勢神宮】まずは下宮から!下宮先祭の習慣

【伊勢神宮】まずは下宮から!下宮先祭の習慣
Pocket

東京から、大阪から、はるばる伊勢市に着きまして。

まずは皆さん、ぜひとも外宮へ。

ではそもそも外宮ってどんなところなのでしょう。

下宮:皇大神宮

Ise Jingu Torii鳥居をくぐって…

Ise Jingu bridge橋を渡り…

Ise Jingu kaguradenこちらが神楽殿。

Ise Jingu kaguradenそして正殿。

【外宮】
正式名称:豊受大神宮(とようけのおおみかみ)
主祭神:豊受大御神
似たような文字並びだな。。。笑

主祭神:豊受大御神は衣食住をはじめとした
広く産業の神様です。

あ、ちなみに豊受大御神
豊受気媛神トヨウケビメという名もお持ちのように
女神さまでいらっしゃいます。
日本書紀には登場されない
古事記の御饌の神(食事の神様の一柱)です。

私達が日々、
住むところがあって
着るものもあって
食べるものに困らない

そんな日々の生活に感謝すると
豊受大御神がますますご加護をくれる。

そんな場所ですね。

豊受大御神が下宮にいる理由

ではなぜそんな豊受大御神がこちらに祀られてるのか。

……

……

……

答え:天照大御神の御神託が下ったから。

なんのこっちゃ?ですね(笑

あくまでも通説ですが
内宮に祀られる天照大御神
雄略天皇の夢に現れ
自分の食事を安らかにするため
豊受大御神を近くに呼べ。

…とお告げ(=御神託)をしたそうな。

これは古事記にも日本書紀にも記載がないことなので
日本神話…からはちょっと外れるのかな?

まぁ結果、内宮の近くに外宮が建設され
今でも外宮御饌殿(みけでん)では
【日別朝夕大御饌祭(ひごとあさゆうおおみけさい)】
毎日続けられています。

そしてここで関係してくるのが
別の記事でお伝えした外宮⇒内宮での参拝順番

通常、日々行われている祭儀については
外宮⇒内宮の順に行われます。

豊受大御神天照大御神の御饌都神(みけつがみ)ですから
祭儀より先にまずはお食事をお供え(これも祭儀だけど)するのです。
(これを【外宮先祭】といいます)

これに習って、参拝も外宮⇒内宮がいいんですね。

はてさて、ちょっと長くなりましたが
伊勢に着いたらまずは外宮で
日々の生活の感謝の意を伝えましょー!

っていうことを皆さんにお伝えしたかったのです。

NEXT→下宮本殿の他に別宮も参拝しよう!押さえておきたい3つの別宮をチェック!

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top