Just Another World

Just Another World

国内観光地

【厳島】海に映える赤い門

【厳島】海に映える赤い門
Pocket

さて、やっぱり厳島神社の話をするうえで
海に浮かぶ大鳥居は外せません。
赤がすっごい映えるよね!

今日はきっと知ってるかもしれないけれど…
この有名な大鳥居について詳細を紹介していきますね。

厳島神社紹介

“置いてある”大鳥居

厳島神社大鳥居は、木造でできた【両部鳥居】という鳥居です。

厳島神社:大鳥居鳥居に対して垂直に支えるような小さい足がついているのが【両部鳥居】

もちろんサイズは国内最大
高さが約16.6mもあるんですが…
これどのぐらいの高さか、想像できますか?



きっと多くの人が一度は見たことがあるであろう
奈良:東大寺の大仏(盧舎那仏)様。
現存の大仏の像の高さが約14.7mっていうのだから…
それよりさらに2mほど大きいんです。

めっちゃ大きい!笑

海上に浮かぶ姿は海の上に出ている部分しか見えないし
遠近法も手伝ってそんなに大きなイメージないかもしれないけど
大鳥居のあたりまでは干潮時には歩いて向かうこともできるので
現地でゆっくり時間が取れる方はぜひ近くまで行って
その大きさを実感してくださいませ!

そしてそして、ここまで大きいと気になるのがその、重さ

なんと鳥居全体の総重量は約60t
いやーこれはわたし全く
どのぐらいかの想像がつかないんだけれども…
そのうち石や砂が約5t詰められています。

大事なのは重量感

この大鳥居、海の中で微動だにしない見た目から
地面にしっかり打ち付けられているのかと思いきや!

実は海中にただ【置かれて】いるだけなんです。

びっくりじゃない?
ただちょこん、って置いてあるだけって!
(60tが“ちょこん”かどうかは別問題(笑 )

安定感抜群の両部鳥居構造とはいえ
鳥居自身の重さだけで
荒れる海の日もそこにただ長い間
立っているっていうのを知ると
ちょっと感動しませんか…!!

ちなみに現在の鳥居は平安時代から8代目にあたり
明治8年に(1875)に再建されたもの。

140年以上の間高波どころか…
広島って台風通るよね…??

それだけの期間倒れないって…すごい…:O

itsukushima shrine ootorii

 

わたしが以前行った時は、日帰りで行ったので
宮島にはそんなに長い時間滞在していなくて。

満潮の時の海の上に浮かぶ大鳥居しか見れなかったので
やっぱり機会があれば干潮時に近くまで歩いて
見に行きたいなーって思っています^^

近くまで行けるときは、直接鳥居に触れることもできるそうですが
最近は鳥居にコインを差し込むなど
心無いマナー違反者が多く、文化財も危機にさらされています。
特に厳島神社の大鳥居程の大きな建造物を建てられるだけの木は
残念ながら日本にはもうありません。

マナーを守って文化財を長く後世に、世界に伝えていきたいですね!

NEXT→厳島神社と武将~平安時代~

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top