Just Another World

Just Another World

日本文化

【神社】神社参拝のいろは~手水舎②~

【神社】神社参拝のいろは~手水舎②~
Pocket

今回、手水舎での作法を書くにあたり
いくつかのサイト様も参考にさせていただきました。

中でもやっぱりどのサイトの運営者様も気になってた

それはダメ!(でもよく見る!悲しい!笑)

っていうことがあるので
ここではまず正しい作法を知るとともに
全部は覚えきれずとも
気を付けてほしいポイントにも触れたいと思います。

絶対NG!柄杓に口をつけちゃダメ!

色んなサイト様を拝見して
そしてわたしもたまに見かけるんだけど
これ絶対NGね…柄杓(ひしゃく)に直接口をつけてる人!

まずは正しい作法から…

【手水の手順】

手水舎に一揖(軽く会釈ぐらい)
柄杓で水をすくう
右手で柄杓を持ち、左手を清める
柄杓を左手に持ち替えて、右手を清める
もう一度、右手に持ち替えて、左手に水を溜め、口をすすぐ
左手で見えないように隠して水を出す
もう一度、左手を清める
柄杓を立て、柄の部分に水を伝わせて、柄杓の柄を清める
手水舎に軽く一揖する

色々見たんだけどね、You Tube の伊勢神宮公式チャンネルが
一番きれいに作法を載せていらっしゃいました。
伊勢神宮 You Tube 公式チャンネル

 

ここで気にしてほしい手水のポイントは3つ

一杯の水で完結する

最初に結構たっぷりと水をすくうこと。

基本的にこの手順の最初から最後までを
柄杓一杯の水で行うからです。

水溜めて、右手洗って、また水溜めて、左手洗って…というのが
絶対にダメ、っていうわけではないのですが、
基本的には何度もすくうものではありません。

なので慣れるまではちょっとずつ水を使って
最後に柄杓の柄にかける時に残った分を全部流す、っていうのでいいと思います。

ごしごし洗わなくていい

上の件にも関連するんだけど
例えば洗面所で手を洗うように
ごしごししてたらそりゃ水も足りなくなっちゃうよね。

水には元々穢れを清める力があると信じられているから
洗う、というよりは
水を流して清める、っていう表現がピッタリなぐらい。

手や口を濡らす、湿らすっていうぐらいでも
十分に清められるものですよ^^

口をゆすぐ時は、手から

そして最初にも書いたこれ。
左手に水を溜めて、手に口をつけて水を含む。

柄杓はたくさんの人が使うものだから
直接口をつけるのは完全にマナー違反です。

あとね、これびっくりしたんだけど
柄杓でペットに水あげてる人とかいるみたいで
もうレッドカード

最近外国人の人も多いし、わからない時は
周りの人の行動を真似することはよくある事です。

先の人が口をつけてたら、後からきて知らない人はそれを真似します。
だからこそ、ぜひ正しい作法で手水してほしいし
マナー違反はぜひ断ち切ってくださいね。

番外編:手水の起源が垣間見える場所

前回の記事で、手水舎は元々河川や湧き水だったものが
だんだん確保が短くなって設置されたもの、ってお話をしました。

実はあの有名神社に、まだ河川の手水場所が残ってるんです。

isuzu mitarashiba
伊勢神宮:内宮の御手洗場

近くを流れる五十鈴川に、石段で降りられるようになっていて
五十鈴川で身を清めることができるんです。

実はこの御手洗場、江戸時代に桂昌院様が寄進されたものです。
(桂昌院様は3代将軍徳川家光公の側室で
5代将軍徳川綱吉公の生母にあたります。
家光公は日光東照宮の再建、
綱吉公は生類憐みの令で有名ですね!)

参道にはもちろん手水舎もあるんですが
晴れている日であればこちらの御手洗場で
五十鈴川の自然の力を借りて
身を清めてみるのはどうでしょうか?
(石畳は滑りやすいので気を付けてくださいね!)

Facebook グループ立ち上げました!
神社やお寺、史跡などめぐると楽しいところが日本にはまだまだたくさん!
でも、そういったことを熱量たっぷりに話せる人
話してくれる人ってなかなか周りにいなくないですか?わたしはずっとそうでした。
神社とか、お寺とか、お城とか。
好きなのはいいけど誰も共感してくれない。かと思えば間違った作法でお参りしてしまっている人を見かけて
「あぁ、もったいない!」なんて思ってみたり。
でもインターネット社会の今だからこそ、近くに、
そして遠くにいる同じ趣味を持った仲間と繋がりませんか?

こんな神社に行ったよ、こんな写真が撮れたよ、こんなお城に行ってみたい!
みなさんのそんなご報告や、情報収集の場になったらいいな、と思ってFacebookグループを立ち上げました!
まだまだグループを立ち上げたばかりですが
だんだんと活発なコミュニティにして行けたらいいなと思っています。
もちろん参加は無料、情報収集したいだけ…なんて方ももちろんご参加ください!

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top