Just Another World

Just Another World

日本文化

神道を知るための最初の3歩 ~3歩目~

Pocket

神道は神様がたくさんいて
教科書がない信仰である…ってとこまで
ついてきてくれてますかー?

神道を知るための最初の3歩 ~1歩目~
神道を知るための最初の3歩 ~2歩目~

さて、最後の3歩目は・・・

他のメジャーな宗教にはあって
神道にはないものがある!

あれ?前回と一緒です(笑

そう、もう一つ、他では重要とされるものが
神道ではないんです。

もしかしたらここまで読んでくれてるあなたは
気がついているかも…

では、さっそく行ってみましょー!

誰も神道を開いていない

torii sunrise

神道は結構自然発生的にできてきたものだって
別の記事で紹介しました。

(まだ読んでない人は読んでみてね
神道はどこからきたの?

これってね、結構特殊なことです。

例えばキリスト教は、神の御子(=イエス・キリスト)が
復讐してはならない、とか
隣人を自分のように愛しなさい、とか
キリスト教の礎となるような事を話されていて
弟子の人たちがそれを伝えている。
つまりキリスト教の開祖はイエス・キリストになります。
(積極的にキリスト自身が開いたわけじゃないから
開祖とは言わない、って論もあるみたいだけど…)

仏教だったら、悟りを開いた釈迦が開祖

じゃあ神道は?

・・・開祖にあたる人がいないのです。

 

歴史書とその編纂者しかいない

2歩目とあわせた2点を挙げると結構聞かれるのが

でも日本には古事記と日本書紀があるよね?

ってこと。

確かに古事記も日本書紀も
日本の神話を記したものです。

でも神様からの教えが載っているわけではない…

古事記も日本書紀も歴史書、になるんですよね。

書かれた当時(成立は712年)まで伝わっていた
昔話や伝承をまとめただけなのです。

古事記をまとめた太安万侶(おおの やすまろ)だって
ただの奈良時代の文人であって
決してこの神道を大衆に広めようとしたわけじゃない。

舎人親王(とねりしんのう)も、天皇に命じられて
日本書紀を編纂したけど

内容は既出の神様がたくさん生まれた時の話とか
弟が好き放題やってお姉ちゃんが拗ねて引きこもる話とか
結婚しようと思ったら彼女のお父さんにいやがらせされる話とか
浮気を疑われて、潔白証明のために火の中で出産する話とか

…堅苦しい教え、ないでしょ?笑
っていうかこのあらすじだけ見たら
ちょっと読んでみたくならない??笑

日本の神様たちって、今のわたしたちに近かったりするんです。

宗教に馴染みのないわたしたちにとって
聖典とか開祖とかって聞くと
ちょっと身構えちゃったりするけど
実はわたしたちにとっても近い、神道

ちょっと身近に感じてきてくれましたか?

Facebook グループ立ち上げました!
神社やお寺、史跡などめぐると楽しいところが日本にはまだまだたくさん!
でも、そういったことを熱量たっぷりに話せる人
話してくれる人ってなかなか周りにいなくないですか?わたしはずっとそうでした。
神社とか、お寺とか、お城とか。
好きなのはいいけど誰も共感してくれない。かと思えば間違った作法でお参りしてしまっている人を見かけて
「あぁ、もったいない!」なんて思ってみたり。
でもインターネット社会の今だからこそ、近くに、
そして遠くにいる同じ趣味を持った仲間と繋がりませんか?

こんな神社に行ったよ、こんな写真が撮れたよ、こんなお城に行ってみたい!
みなさんのそんなご報告や、情報収集の場になったらいいな、と思ってFacebookグループを立ち上げました!
まだまだグループを立ち上げたばかりですが
だんだんと活発なコミュニティにして行けたらいいなと思っています。
もちろん参加は無料、情報収集したいだけ…なんて方ももちろんご参加ください!

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top