Just Another World

Just Another World

国内観光地

【岡山】なぜ今、岡山に行くのか。岡山でライブ配信をした理由

Pocket

この度の豪雨被害により、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。
また多くの命が失われた地域のご遺族の方に心よりお悔み申し上げます。

最下部に8/4にFB LIVEでお届けした動画を埋め込んであります。
岡山県倉敷市に観光をご検討で現地の状況が気になる方は
スクロールの上ぜひご覧ください^^
(途中ネット環境の悪化で途切れてる部分がございますがご了承ください) 

今回、突如と思い立って岡山県に行ってまいりました。

私なりに色々考えたうえでの試みだったんだけど
ライブ配信中には話せなかった想いを少し
ここでお伝えしていきたいと思います。

離れていると見えない現実がある

わたしは今東京暮らしでして
西日本の記録的豪雨、台風12号、またその前の地震でも
影響を受けることなく暮らしておりました。

被害がなかったからこそ、ちょっと蚊帳の外から
テレビの報道で被災地の状況を知るしかなかった。

豪雨から一夜明けて、ネットのニュースサイトを開くたびに
行方不明者やお亡くなりになった方の数が増えていくのを
ちょっと遠いどこかの話としてしかとらえられなくて
(関東圏は猛暑で雨の気配もなかったし)

その後の報道の被災地の様子、土砂崩れや浸水被害。
そしてそこで復旧にあたる方々、ボランティアに向かわれる方々。
それを見てなんとなく3.11を思い出していました。

あれから7年。

今わたしは、被災地に直接届く距離にいる。
じゃあ今わたしができることって何だろう

単純に何かしたいって思い立って
でも漠然とそれは募金とか復旧ボランティアだけじゃないって
直感で思うところがあったのです。

支援とは何か

ちょっと話がずれますが
わたし、大学・大学院では国際政治を学んでおりました。

その中で、無視できないのが国際支援のあり方。
話すと長くなっちゃうので結果だけ言うと

支援を必要としている人に本当に必要な支援は何か

ということ。
これはわりと永遠のテーマ。

支援ひとつ取っても、今回だって
被災地への募金をする人
土砂撤去のボランティアに行く人
学校にエアコンを取り付ける人
様々な形があります。そしてこれらは急務です。
(エアコンでやいやい言ってる人たちはさ
自分でつけに行けばいいのにね。
クーラーきかせた部屋でネットに批判書き込みしてるだけとか
もう無駄としか言いようがない、とわたしは思ってる)

そしてこの急を要する支援のあとに必要になるのが長期的支援
土砂をすべてどかしても家は戻らないし
学校にクーラーが付いていても
家のクーラーは壊れたまま…なんてことになる。

でもそれ以前に。
本当に被災地はその急を要する地域だけなんだろうか。
毎日流れる土砂災害が起きたところだけが困ってるんだろうか。

どうも釈然とせず、募金をどこに送るか考えていた頃にやっと
【被災したけど被害が少なくて頑張って自力復旧した】地域の
情報がネットで流れ始めたんですよね。

風評被害という災害

観光地に観光客が来ないって死活問題
しかも世はもうすぐお盆。
稼ぎ時に稼げないって、相当な痛手になります。
観光客が来ないからって観光地を辞めるわけにはいかない。

今回わたしが足を運んだ岡山、特に倉敷
同じ倉敷市内に豪雨被害の大きかった真備町があり
約10キロほどしか離れていません

でも被害の大きさにはかなりの差がある。

連日報道される真備町
まったく報道されない倉敷美観地区
まったく違う様相をしているのに
倉敷市は被災、という情報が歩くことで
美観地区は二次被災してるような状況になりつつある。

豪雨期の岡山県の宿泊キャンセルは10万人
減収は10億円、そして観光地の来場者数が
1年前に比べて半減…これをどう取り戻すのか。

わたしだから今できること

本題のなぜ岡山県に足を運んだのか。
岡山県に行ってみたかったからです。

旅行って、根本に楽しみがあるべき、って思ってる。
綺麗なところが見たい
楽しい経験がしたい
知らないことを知りたい

これを満たせないと旅の思い出ってなかなか綺麗に残らない。

だから動機の根底に行ってみたいって気持ちがあるのが最低ライン。

ただ、もちろん風評被害を受けて観光客減しているところは
岡山県だけではなく様々あります。
有名なところだと広島や愛媛の道後温泉
かなり痛手を受けているらしいと。

でも残念ながら私の身体は一つしかないので…
決定打は、美観地区が倉敷市だったことでした。

場所の決め手

美観地区に行って、観光して、お金を使って楽しんだら。
美観地区の人たちの、巡り巡って倉敷市の市税の一部になる。
さらにめぐって岡山県の県税の一部になる。

今回の被災で岡山県は県税の減免をしています。
地方行政にとって税金の収入はかなり大きい。
(まぁ使い道その他色々思うところはあるけど一旦それは置いといて)

その収入を切るといいうことは、県が出せる金額も減る。
税収なくして、県の対策も何もないわけです。

まぁ難しい建前言いましたが、
要は現地に行って自分も楽しみながら
たくさんお金を落としてこよう、って事です。
わたしも珍しく、倉敷土着のカバン屋さんで
セミオーダーメイドのトートバッグ買ったり
いつになく色んな人にお土産を買って帰ってきました(笑

訪れるにあたって気を付けたこと

倉敷の様子はSNSでかなり調べました
そしてこの数日も旅行で訪れている人がいる事も
安全に観光してることも確認して、決断しました。

わたしが行くことで、二次被災者になるわけには絶対にいかない

これはかなり注意を払って確認したところです。
そしてこの地に向かっている最中や今も含め
天気や最新の情報は逐一チェックしました。
そして安全が確認できないところには絶対に行かない

人間はそもそも自然を凌駕することはできないんです。
自然の前では為す術ないなんて今に始まったことじゃないし。
地盤のゆるみ、熱中症。
備えるべき事はたくさんあります。

あともう一つは宿泊地。
今回わたしは倉敷観光の後、岡山駅近くに泊まりました。
本当は美観地区周辺に泊まろうと思ってたんだけど
真備町に近い事もあって、ボランティアの方が多数泊まられているようだったのです。

上にも書いたけど、急を要する事はたくさんあります
そのためにたくさんの人がボランティアとして集まっている。
自分は行かないにしても、そういった人たちの
邪魔になるような事は極力避ける。

もちろんこれが正解ってわけじゃないけれど
なんとなく自分の信念に従ってみました。

ライブ配信の決め手

募金のように片方だけが身を切っての支援は
厳密には支援じゃなくて依存になるって思ってる。
募金者の気分ひとつで、募金はなくなる。
短期的には必要でも、長期的に誰か他人の生活を
抱えて生きていくことってできない事です。

そしてわたしが例えば大金を募金して
みんなも募金しよう!って言ったところで
みんな募金しないでしょ(笑

アイドルが募金しても
「すごい!●万円も募金してる!さっすがー!」とはなっても
「じゃあ私も同じだけ募金しよ~」とはならないでしょ?
(少なくともわたしはならない。)

でももしライブ配信映像を見てくれて
誰かが「綺麗なとこだな、行ってみたいな。」って思ってくれたら
誰かが「なんだ安全そうじゃん。予定通り行くか。」ってなったら。

それはわたしにとって大勝利なのです。
そしてあなたにとっても大勝利なのです。

新しい景観に出会える
新しい経験が増える
楽しい時間を過ごせる

そして観光地は元気になる

すごいwin-winでしょ?

安心してください、わたしには1円も入っていない
回し者でも何でもない、ただのしがないOLです(笑

でもわたしが日本人の1人でも多くに知ってほしい
日本の歴史を知る人が増え
お城に足を運んでくれる人が増えたら。

わたしも満たされて、win-win-winになるんです。
…すごい相乗効果じゃない?笑

旅行を取りやめる人の中には
現地の様子がわからないから、安全に楽しめるのかわからないから。
そんな理由の人が多いんじゃないかなって思いました。
そして突然旅行を決めても、何を見たらいいかわからない
ここがなんで有名なのかわからない…なんて時は
楽しみが半減してしまうこともあります。
しかもそういう情報を調べるって結構時間がかかる

なので動画では現地の様子を配信するとともに
自称:歴女なわたしがちょっとした
歴史的背景を解説させていただきました。

動画を見たら、
美観地区が今、どんな状況なのか
美観地区ってどういう場所なのか
知る事ができるようになっています。
(だから、いっぱい見てね(笑 )

初めてのライブ配信で、手探りすぎて
見苦しいところも多々あるでしょう。
そんな時は音声を切って
ぜひ映像だけでも楽しんでください。

そして現地で、川のせせらぎと
けたたましい程のセミの鳴き声で
ぜひ夏を感じていただければと思います!

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top