Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Just Another World

Just Another World

名古屋

【名古屋城】名前は有名な名古屋城。でもどんなお城?いつ誰が何のために作ったの?

【名古屋城】名前は有名な名古屋城。でもどんなお城?いつ誰が何のために作ったの?
Pocket

日本の夏は相変わらず暑い日が続きますね…
わたしが名古屋に引っ越す時、東海出身の上司から
『名古屋の夏は暑いよ~』と聞かされていたのですが
確かに暑い…先日久々に東京から名古屋に行った時も
心なしか東京より名古屋のほうが日差しが強く感じました。

久しぶりの名古屋城訪城…したにもかかわらず
あまりの暑さにゆっくり石垣を眺めることもできず
早々に屋内に避難(笑

皆さんもせっかく名古屋城まで足を運ぶなら
しっかり天守や門、塀、そしてもちろん石垣。

そういったところを見たいんじゃないかなと思いますが
炎天下のしたパンフレットを広げてじっくり読むのは
なかなか大変…熱中症ばかりが取り上げられてますが
日射病だってバカにならないですからね!

なので今回はぜひ訪城前に!
名古屋城の歴史についてさらっとおさらいしておきましょう!

名古屋城はいつできたの?

現在わたし達がイメージしている【名古屋城】
これは江戸時代に築城されました。

Nagoya Castle

*築城:1609年
*築城主:徳川家康

歴史はよくわからない!という人でも
徳川家康の名前は聞いたこと…あるよ、ね…?
(ない!って言われちゃったらどうしよう!笑)

ただ名古屋城、実際に家康が自分のために作ったのではありません。
ここに最初に住んだのは徳川家康の9男、徳川義直

幕府将軍である徳川氏に次ぐ地位を持つ
徳川御三家と呼ばれるうち
尾張徳川家の始祖となったのがこの義直
この尾張徳川家:名古屋城紀伊徳川家:和歌山城
水戸徳川家:水戸城は家康、幕府にとって
とても重要で、身内から出た信頼できる者に
任せる必要があったのです。

御三家…聞いた記憶がうっすらとあるかな?
(ポケモンの“初代御三家”とかの“御三家”は
ここからもじってる…わたしはいつもヒトカゲ(笑 )

1609年というのは、徳川家康
駿府(静岡)名古屋城築城の命令を出した年です。
この頃はすでに家康は将軍職を息子の秀忠に譲り
隠居している中での命令となりました。

名古屋城は誰がつくったの?

これはもう徳川家康!と答えたくなるでしょ…?笑

名古屋城の築城命令を出したのは徳川家康
でも実際に名古屋城に足を運んでみると
とある武将の銅像が建っています…
(ちなみに家康の銅像はないのです。笑)

加藤清正像加藤清正公

藤堂高虎黒田孝高(官兵衛)に並び
築城の名手とされた加藤清正公
もちろん加藤清正1人で築城したのではありませんが
一番大切と言われる、大天守の石垣を積んだのが
加藤清正(とその家臣たち)です。

名古屋城は多くの外様大名が召喚され
それぞれの場所を分担して建築にあたりました。
加藤清正をはじめ黒田長政福島正紀池田輝政
竹中重利前田利光小堀政一などなど…
関ヶ原の合戦でも活躍した武将、
また時代が変わり家督を譲られたその息子達など
築城普請助役の名前を見るだけでも
徳川家康がどれだけすごかったのかがわかります。

なかなかピンっとこない人は
気になった名前の人1人をちょっとだけ
Wikipedia検索してみてください。
知ってる名前、出来事…が書いてあるはず^^

名古屋城はなんのために作られたの?

さてさて、名古屋城の築城年…1609年。
これがどんな年か、想像つくでしょうか?

すっごい簡潔に書くと
1600年 関ケ原の合戦
1603年 家康、征夷大将軍に就く
1609年 名古屋城築城命令
1612年 名古屋城大天守完成
1614年 大阪冬の陣
1615年 大阪夏の陣(豊臣家滅亡)

名古屋東海道東山道(現在は中山道)が通る地で
また濃尾平野を見渡せる立地、西側の大軍と対峙するには
うってつけの場所でありました。

世が世ですからね、豊臣方との決着を
まったく意識していなかったとは思いませんし
軍事要所の要として、徳川方が建てたというのが一般的です。

このあと、大坂の陣での幕府方の勝利によって
世は徳川の世、約250年にわたる太平の世に入っていきます。

つまり名古屋城というのは実戦を想定して
戦国武将が建てた、最後のお城のひとつ、という事になります。
(ちなみに徳川家康が作った最後のお城です。)
そしてそのお城が明治の混乱期を乗り越え
昭和まで残っていたというのは非常に文化的大きな価値を持ちます。
なかなか多門櫓枡形門などが焼失してしまったこともあって
防御的強度っていうのは想像が難しいところがあるんだけど…
そのお話はまた別でするとして。

ぜひ名古屋城を訪れる時には
みんなもよく知る徳川家康が関わったお城。
そして戦国時代最後年のお城というのをかみしめながら
観光してみてくださいね。

Facebookグループ立ち上げました
神社やお寺、史跡などめぐると楽しいところが日本にはまだまだたくさん!
でも、そういったことを熱量たっぷりに話せる人
話してくれる人ってなかなか周りにいなくないですか?わたしはずっとそうでした。
神社とか、お寺とか、お城とか。
好きなのはいいけど誰も共感してくれない。かと思えば間違った作法でお参りしてしまっている人を見かけて
「あぁ、もったいない!」なんて思ってみたり。
でもインターネット社会の今だからこそ、近くに、
そして遠くにいる同じ趣味を持った仲間と繋がりませんか?こんな神社に行ったよ、こんな写真が撮れたよ、こんなお城に行ってみたい!
みなさんのそんなご報告や、情報収集の場になったらいいな、と思ってFacebookグループを立ち上げました!

まだまだグループを立ち上げたばかりですが
だんだんと活発なコミュニティにして行けたらいいなと思っています。
もちろん参加は無料、情報収集したいだけ…なんて方ももちろんご参加ください!

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top