Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Just Another World

Just Another World

旅行あるある

【旅行あるある】旅行では遺伝子よりも優先されるものがある?パスポート記載スペルはマストチェック!

【旅行あるある】旅行では遺伝子よりも優先されるものがある?パスポート記載スペルはマストチェック!
Pocket

海外旅行に行く際
ほぼ9割以上の人は、航空便に乗りますよね。

クルーズで世界一周、なんていうのもあるけど
今はやっぱり飛行機での旅行が主流です。

国内での飛行機搭乗と海外への飛行機搭乗。
やっぱり一番違うのは国境を超えるから
パスポートチェックがあるって事でしょうか。

(ちなみにわたし、国内旅行だったのに
『パスポート忘れた!!』って空港で頭抱えたことがある(笑 )

でもこのパスポート
万が一の時にどうにもならないトラブルの元凶第一位でもあるんです。

パスポート忘れはもう可能な限り早く戻って持ってきてくださいとか
諦めてくださいとかってなっちゃうんだけど
それ以前にもう一つ。

名前のスペルがとーーーっても重要って知ってました?

自分の名前のスペル、自信ありますか?
結婚後、どの名字が記載されていて
どの名字で旅行を申し込んでいいか…知ってますか?

ぜひここで一度整理してみましょう!

大切なのは、パスポートに書いてあるかどうか

まず真っ先に一番大切な事をお伝えしますね。

パスポート記載名で旅行を予約してください!

これね、と―――――っても重要!
今まさに旅行をご予約中のアナタ。

大丈夫ですか?
予約名パスポート名、一緒ですか?

特に結婚直後に多いこのミス。

例えば…鈴木花子さん
田中さんと結婚して、田中花子になります。
来月入籍、3か月後にハネムーンです。

さて、このハネムーン。
申し込み名はどうなるんでしょう?
田中花子?
鈴木花子?

皆さんだったら、どちらで予約しますか?

旧姓?新姓?

これ、確固たる正解はないんです。
あえていうとしたら、
お手持ちのパスポートをご確認ください。
しかないんです。

旧姓も、新姓も、使おうと思えば使える。
すべてはパスポートの記載次第。
だからあまり明確に書かれているところもないし
なかなか知識として浸透しないんですよね。
(名字変わる事なんて人生そんなに回数多くないし。)

旧姓で行く場合

もし、パスポートの残存がたくさん残っていれば
鈴木花子さんとして旧姓のまま、旅行に行くことも可能です。
厳密にはダメだけど、暗黙の了解、ってやつ。

その場合【鈴木花子】として
ご旅行もお申込ください

今のあなたがどう名乗るかではなく、
何と書いたパスポートを持って、旅行に行くかです。

間違えて新姓で申し込んじゃったとしたら
出発までにパスポートを更新してくださいね
期限がまだある場合は【記載事項変更】も可能です。

更新は今あるパスポートを破棄し
新しく取得する事。
記載事項変更も旅券番号等は変わりますが
今手持ちの有効期限等は変わらない分
更新料金が少なく済むので
更新したばっかりなのに、新姓で旅行申し込んじゃった…
という時にはオススメです。

新姓で行く場合

もちろん結婚したから新姓で行きたい!
これから初めてパスポート作る!

そんな方はもちろん、新姓でパスポートを取得
旅行も新姓でお申し込み

パスポートの取得や記載事項の更新には
戸籍謄本が必要なので、婚姻届を提出後に
パスポートを申請してくださいね。
(なので発行までの日数もよく計算してくださいね!)

そして厄介なのが、旧姓で申し込んだのに
新姓にパスポート変えちゃった人…
今すぐ旅行会社に
お電話ぷりーず!!!!!!!!

新姓から旧姓には戻せませんので
(戸籍謄本の名前変わっちゃってるからね)
旅行の手配を全部取り直す必要があります。

皆さんが案外知らないのがココ

航空券買ってるんだから座席確保されてるし
名字違うとはいえ、同一人物だよ

という言い訳はコンピューターには
まったくもって通用しません!
今旅行会社で確保している席は
鈴木花子さんのものです。
田中花子さんはたとえ
遺伝子レベルで一緒と証明されたとしても
お座りいただけません!!!

意外と多い落とし穴、【う】【お】

名前表記の間違いが起きるのは
何も名字が変わる時だけではありません。
むしろ名字が変わる時はガラっと全部変わるし
ミスも見つけやすいぐらい…

意外と多いのが、自分の名前表記を覚えていない事です。

例えば…【佐藤】さん
名前のスペルってどう書きますか?

一番多いのは【SATO】表記です。
ヘボン式に表記になるので
何もせず新規取得すればこのスペルになります。

ただ特別な表記で申請すれば
他の表記も通るという事。

実は申請さえすれば
【SATOH】【SATOU】もあり得るのです。

例えば【太田】さん
【OTA】【OHTA】【OOTA】

もう一度口を酸っぱくして言います。

大切なのはパスポートに書いてあるかどうか!

自分で申請していたらまだしも
例えば小さい頃に家族旅行のためにパスポートを取得して
そのパスポートを更新していたりすると
あまり気にせず別表記を使っている可能性があります。

普段自分は【SATO】って書いているけど
親が【SATOH】表記を使っていたから
自分もパスポートだけは【SATOH】になっている。

…とかね。

必ず記憶に頼らず
パスポートを確認して航空券をとったり
旅行を申し込むようにしましょう!

変更=キャンセル+新規予約

航空便で大事なのは
パスポートの名前と航空券の名前が
一致しているかどうか

なんでこんなに長い記事になってるんだというと(笑)
名前の変更というのは原則できないんです。

変更という手続きは、
手配している航空券を一度キャンセルして
正しい名前での航空券を新規予約すること、です。

あとよく言われたのが
『じゃあ今の予約キャンセルしてすぐ予約取り直してよ。』

これね、できる時もあります。
半年先の旅行とか、予約がそんなに埋まってなければ可能です。

でも旅行が迫ってきて、人気の日付だったりしたら
予約をキャンセルした時点でその座席は他の誰かのものになります。
キャンセル待ちしている場合、とかね。

あと航空便がそこそこ混んでると
同じ料金で手配ができない事も多々あります。
予約した時は3万円で航空券売ってたけど
出発日近づいて、予約も増えてきたから
今から予約取り直すなら6万円。
…何も珍しくない、当たり前だけどよく起こる事です。

今一度皆様、旅行の予約確認書
パスポートを照らし合わせて
名前が一言一句同じかどうか
ご確認ください!

その他にも旅行のココが知りたい!的なことがあれば
どしどしコメントくださいね!

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top