Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Just Another World

Just Another World

日々の徒然

【読書レポ】革命のファンファーレ:人生の舵を取る

【読書レポ】革命のファンファーレ:人生の舵を取る
Pocket

半ば趣味になりつつある本屋徘徊をしている時に
発売から半年たってたまたま平積みになっていたから
手に取ってみた本。

魔法のコンパスえんとつ町のプペル
実は読んでない。すごく売れたのは知ってるけど。

読まなかった事に理由はなくて
たまたま私が徘徊しているときに
その場で表紙が見るように積んでなかった。

あと誰もわたしに直接オススメしてくれる人がいなかった。
何人か読んでよかった本を薦め合う友達がいて
その人たちがおすすめしてくれた本は9割方読むようにしてるんだけど
たまたまいなかった。

…という内容の核心を突くようなことまで
この本に書いてあって、結構びっくりした(笑

奇跡か偶然か、そんなこの本が
20代最後に読んだ本であり
30代最初に読んだ本にもなった。

革命のファンファーレ

わたし基本引き寄せとかよくわからないし
月のパワーは信じないほうなので
(月のパワー使えるのはセーラームーンだけ!)

この本を今買ったことも
今回の出張に持ってきたことも
誕生日またいで読んだことも

「よくやったわたし!」

って事で、手放しに自分を誉めてあげたいと思う。

20代を終えた今だから言える事

20代、わたしの目標は

『引き出しの多い人間になる事』

だった。

バカだな、って思うことも一通りやったし
誰かにオススメされたことはNOと言わないようにしたし
わからない事はすぐ人に聞いたし、いろんな分野に手を出した。

おかげで色んな人から色んなお誘いを頂くようになって
高校生から60代まで幅広くお友達が増えた。
全国各地、世界各国に友人ができて
学生も公務員も、国会議員もモデルも起業家もいる。
ゴールデン街に行きつけのお店もできたし
ちょっといいお値段のバーも開拓した。

「守備範囲広すぎ!」は最高の誉め言葉になった。

20代後半から色々考えるようになって
日本の会社に沿って生きるのが苦しくなって
できた30代の目標が

『自分の人生の舵は自分で握る』

手放していた舵

そういや忘れてたけど、わたし就職した理由って
散々周りに「君は日本の会社所属無理だと思う」って
言われて「いや人間やってみたら意外とできるかもよ?」っていう
反骨精神から就職しただけだった。

結果なんて初めから会社とか勤続とか無理なのわかってたし
ひとまず人間やってできないことはないって証明には
十分な期間勤めあげたし、そろそろやめていい頃合いだと思う(笑

そのための第一歩の転職。

給料よりも、やりがいよりも
社外で自分の時間を手に入れる事を最優先にした。

突然収入ゼロになるわけにはいかないから
とりあえず次何するか考えて準備する時間が必要だものw

そんな矢先に出会ったのがこの本だったのだ。

転職して4か月。
月のパワーとか、引き寄せとかよくわからないけど
出会うべくして出会った文章だと思う。

革命のファンファーレ

人にオススメしたい本である

内容はノウハウ本のような、マインド本のような。
ノウハウだけあってもマインドがないと続かないし
マインドができていてもノウハウがなきゃカタチにならない。

その中間をうまく取ったところにある本だと思う。

わたしより年上の人に、読んでほしい。
世界はどんどん変わってきているということ。
それは物理的世界だけじゃなくて、経済的にも
仕組み自体が変革期に差し掛かっているということ。

「俺たちの若い頃は…」って思い描いている時とは
全然違う金額を若者たちが国に納めているということ。

どれだけそれを納めても、自分の未来のリターンが望めなくて
半ば絶望しかけているということ。

日本の経済成長を支え、敗戦国から先進国に名乗りを上げ
今ある日本の姿を作り上げてきてくれた多くの諸先輩方に。
感謝こそすれ、同時に知ってほしい。

常識なんてものは、所詮ただの先入観である。

革命のファンファーレを読んで
一言、ただこれが真っ先に思い浮かんだ感想だった。
まず今わたしがインストールしなきゃいけない考えは
これだ、って思った。

読み終わると、突然
ずっとやりたかったはずなのにできなかったことが
ぶわーっと降ってきてしかもどう行動していいか頭に浮かんでくる。
そんな本だった。(どんな本だ)

同世代ぐらいまでには
「これ読んでないと波に乗りそこなうぞ!」って渡したいし

さっき言ったように上の世代には
「お願い読んで!現実を見て!」って渡したい。

そんな本だった(だからどんなh… (ry

 

 

とりあえずホテルでひとり
20代修了を祝いながら酒の肴にして
読書しようと思ってたら
盛大にロゼゼクトぶっかけたので
帰ったらもう1冊買おう。
開くたびにアルコール臭がするのはわりといただけないw
あ、あとあれだ。
大好きな緒方さんとの対談動画。
見逃しちゃったー…じゃなくて、なんとか探そうと思う。
諦めるには早すぎる。
録画している方がいたら連絡お待ちしています(笑
久しぶりに、何度も読み返したい本に出会った。
素直に人にそう言える本でした。

革命のファンファーレ

もうそろそろ、自国文化に
愛と敬意をもって大切にしていい時じゃない?

西野さんが使った意味とは違うけど。
革命のファンファーレ。
日本に対してそれを鳴らすような存在でありたい。

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top