Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Just Another World

Just Another World

仏像

【美術】京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ展に行ってきた:鎌倉仏師・慶派の力強い作品が並ぶ、後期展示には貴重な背中も見れる!

【美術】京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ展に行ってきた:鎌倉仏師・慶派の力強い作品が並ぶ、後期展示には貴重な背中も見れる!
Pocket

東京国立博物館で開催中の

京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ

最近仏像の展覧会多いですね。
わたし的には東京にいたまま貴重な仏像が拝めるからいいんだけど
なんだろう、時代の流れというかそういうのがあるのかな?

今回は大報恩寺に伝わる文化財が上野にやってくるという事で…
快慶・定慶の作品がたくさん集まってくるわけではないのです。
快慶1作10体定慶1作6体の仏像と
それに関係する仏師の仏像や、文化財などが展示されていました。

快慶・定慶ってそもそも誰よ?

仏像と言えば2017年には運慶展が同じく東京国立博物館で開催。
わたしも足を運びましたがすごい賑わいでした…

名前を見るとわかる通り彼らは運慶と深いつながりのある人たち。

運慶と言えば息子の湛慶やそのほかの仏師と共に
東大寺(奈良の大仏様のあるお寺ね)南大門金剛力士像を作ったのが有名ですよね。
運慶の活躍した時代は平安末期~鎌倉初期
奈良仏師の流れをくむ父:康慶から慶派を継ぎ
東国武士と関わりながら、源平合戦で荒廃したお寺の復興に携わる事で
力強い武士好みの仏像を作り出しました。

快慶定慶はその運慶の兄弟弟子だったといわれる
運慶の父、康慶に師事していた慶派の仏師たちです。
快慶東大寺南大門金剛力士像の製作にも
一緒に関わっていたといわれています。

ちなみに定慶【じょうけい】と読みます。
わたしはずっと【ていけい】って呼んでたけど…笑
お間違えなく!笑

企画展としては…ちょっと物足りなさが残る

今回、東京国立博物館の平成館では
マルセル・デュシャンと日本美術という他の企画展と
2つが同時に行われています。

マルセル・デュシャンと日本美術展のレポはこちらから

【美術】マルセル・デュシャンと日本美術展に行ってきた:天才に説き伏せられる企画展、イチ鑑賞者としての感想

普段は2階ワンフロアを1つの企画展で占めるところを
単純にいつもの半分の敷地面積で展示…。

ふむ、正直なところちょっと物足りないまま
「あれ、もう出口?」ってところで
展示が終わってしまった感じがする。

今年は仁和寺にしても醍醐寺にしても
結構見ごたえ十分!展示も充実!系の企画展が多かったから
余計にそう感じるのかもしれないが…

仏像の展示がすごくいいだけに
他の展示品がかすんでしまったというか…
まぁなんか敷地取も完全に仏像2種に焦点を当てた感じだったから
それはそれでOKなのかもしれない…

仏像数はメインだけで17体ありますから…
仏像三昧になれます(笑

見どころ①重要文化財:十大弟子立像(快慶作)

釈迦如来様の弟子の中でも
特に優れた10人の弟子を、十大弟子というらしい。
(文字そのまんまだなw)

そしてその10人を快慶が彫ったものが残っていると。

貴重なその理由は、十大弟子をテーマとした仏像はあれど
10体がそろって現存しているのはなかなかないから、とのこと。

その辺の貴重さを完全に理解するのは難しいかもしれないけど
10体の仏像が、10体それぞれその特徴を捉え
表情が違い、ポーズが違い、衣の波打ち方が違い
鑑賞者側にはきっと理解しえない
ものすごーい努力があるんだろうな…って。
(だって全く同じものを作り出すほうが簡単じゃない?)

この快慶十大弟子立像に焦点があたりすぎてて
見逃されがちだけど、十大弟子立像が展示されている部屋に
【釈迦如来坐像(重要文化財)】が同じく展示されています。

大報恩寺のご本尊はこちらの釈迦如来坐像のほう。
大報恩寺でも秘仏とされていて、年に数回しか御開帳されない釈迦如来坐像
東京の博物館の一室に無防備に置かれている…

わからないかも、伝わらないかもしれないけど
これはすごい事なんです!笑

今回こういった展示になった理由は
現在は十大弟子立像霊宝殿(お寺の宝物館)に展示されているのですが
元々は本堂で釈迦如来坐像を囲むように安置されていたことから
今回はその当時になぞらえて同室内での展示になった、とのこと。

今後、たとえ大報恩寺まで足を運んだとしても
このように釈迦如来坐像十大弟子立像が一緒に
並んでいるところを見ることはできないわけです。

まぁ鑑賞しやすいようにひとつひとつが離されて置かれていたし
実際に奉納されていた状態とはかけ離れているんだろうけど…
釈迦如来様をお守りする、十大弟子の図も見たかったなぁ…笑

ちなみにこの釈迦如来坐像快慶の弟子、行快の作。
弟子が本尊を彫り、師匠がそれを守る十大弟子を彫る…
この時代の仏像作りには本当に慶派が幅を利かせてたんですね。

これから行かれる方はぜひ入口のところで無料で配られている
目録を1部持ってくるのをお忘れなく。
快慶・定慶のみほとけ目録の最終ページにこんなご丁寧な仏像案内が…!!

一応展示室にも同様の説明パネルがあるんだけど
各仏像からは離れていて、仏像のところには弟子の名前のみなので
目の前の弟子がどんな弟子だったのか見ながら
仏像の表情なんかと照らし合わせたい方にはマストアイテムです!

見どころ②重要文化財:六観音菩薩像(定慶作)

もうひとつの目玉は肥後定慶作の六観音菩薩像
(同年代に定慶という仏師が複数いたことから、今回の定慶は
肥後定慶と言われるらしい…が、この後は定慶のみの記載でいきますね。)

重要文化財に指定される唯一の六観音菩薩像という事で
文字通り6体の観音様セットの作品です。

わたしはマルセル・デュシャン展のほうで前期に見たい作品があったので
今回は泣く泣くこっちも前期に足を運んだのだけれど…

仏像を、六大観音像をじっくり見てみたい!という方は
ぜひ後期の鑑賞がオススメ。

と、いうのも観音像光背という後ろの光の部分を表現したものまでついて
完全体なのですが、後期にはこの光背を取り外して
お背中を見ることができるんだって…!
快慶・定慶のみほとけ 聖観音快慶・定慶のみほとけ 聖観音この背中側にある草の蔦みたいなのがなくなる…

観音像光背は別々に彫られているため
背中側から見ても衣のうねるような形なんかも
しっかりと彫り込まれています(たぶん(笑 )

そもそも、普通にお寺に納められているとしたら
仏像の背中側を見る事なんてめったにないし
しかも光背を外したところを見れるなんてありえない…!!

機会ののある方がいたら
ぜひ後期中の鑑賞、おすすめですよ!

ちなみに上にも掲載した通り
この展示会中、六観音菩薩像聖観音のみ
一定距離の外側から写真撮影が可能です。
快慶・定慶のみほとけ 聖観音…ご利益があるよう、待ち受けにしてみるのはいかがでしょう?笑

 

さて、最初にちょっと物足りないとは言ったものの
やはりそこは貴重な仏像の展示で割と帳消しです(笑

源平合戦で荒れた京都の復興をした鎌倉仏師たちの作品ですが
京都はその後応仁の乱の舞台ともなり、多くの作品が被害を受けました。
そして明治の廃仏希釈の動き…そんな流れも踏まえて見ると
今現代のわたし達が鑑賞できるというのは
奇跡のようなチャンスだと思います。

ぜひこの機会に鎌倉仏師力強い仏像たちに触れてみてください!

快慶・定慶のみほとけ
場所:東京国立博物館 (平成館)
会期:2018年10月2日~12月9日
公式HP:京都 大報恩寺 快慶・定慶のみほとけ

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top