Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Just Another World

Just Another World

仏像

【美術】名作誕生-つながる日本美術:美の家系図が見える!

【美術】名作誕生-つながる日本美術:美の家系図が見える!
Pocket

東京国立博物館[平成館]にて開催中の

特別展「名作誕生 ―つながる日本美術」

こちらの後期展示に行ってまいりました!

展覧会参加前夜…笑

絵!とか、彫刻!とか、仏像!とか。
横山大観!とか、運慶!とか琳派!とか。

そうやって的を絞っての展示会って多いけど
こう【日本美術】という大枠でのってあんまりない感じ。

何が見れるんだろう?と思って
HPを見たものの、幅広くてコア展示が見つからない(笑

特別展「名作誕生ーつながる日本美術」公式ホームページ

…仕方ない、下調べ無しだ!どうせ音声ガイド借りるし!
と、早々に事前準備を珍しく怠りました(笑

というのも、年初の美術展調べでは
わたし的には見に行くつもりのなかったこの「名作誕生―つながる日本美術」
この展覧会に行こうと思ったのは本当偶然。

尊敬する大好きな声優・ナレーター諏訪部順一さんが
後期の音声ガイドをご担当されていると!
(twitterのURL貼り付けって転載に入っちゃうのかな…?)

twitterの投稿を見て、インタビュー記事を見て
そして公式の『美の家系図を見るようです。』という
キャッチフレーズにまんまとつられて
これは行かなきゃ!と…急遽予定をこじ開けたわけです(笑

つまるところ、この音声ガイドを聞くのが半分は目的
であれば現地で解説聞けるって事だから、まあいいか…と。

最近増えてるよね、声優さんが音声ガイドするの。
いいんだよ、いいんだけどさ…
いい声過ぎて聞き惚れちゃうから
たまに内容全く頭に入ってこない事あるんだよなぁ…笑

諏訪部順一さん、ダンディなちょっと低めの声で
やっぱり内容そっちのけで聞き込みそうになりつつ
自我を保って鑑賞するのが大変でした(笑
(そしてわたしはこの方のような大人になりたいと
常日頃から尊敬しているのである…(余談))

もし展示見ながらちょっとニヤニヤしてる人がいたら
たぶんきっとそれわたしです←笑

「料金倍でいいから!」

一言で言っちゃうと「物足りなかった!」(ポジティブな意味で)

いや、展示の構成も
展示品の選出も
すごい面白いと思いました。

中国から伝わってきた仏像技術から始まって
まだ中国からの影響が強い水墨画から
だんだん日本独自のものになって
最後には浮世絵を経て油絵の時代に…

仏像洛中洛外図油絵
同じプログラム内で展示するって
なかなかないじゃない?

だからすごい面白かったんだけど
金額倍でいいからもっと突っ込んでほしかったというか(笑

琳派はちょこちょこ出てきてたけど
それであれば狩野派の作品が
3作品だけっていうのはなんとも…とか。

この流れでやるんだったら
やっぱり建築にもちょっと触れてほしかった…
でも規模的にたしかに
明らかに建築にかかわることを排除してたから
たぶんわざとなんだろうなぁ…(収拾つかなくなるし…)

っていうのはわかってる、わかってるんだけど…
いや、似たようなテーマで
また色んな作品がこう一堂に会するのを
期待して楽しみにします(笑

真面目に感想

従来の美術展って、冒頭でも書いたように
一時期、1人(もしくは一派)、1分類に絞って
それをより詳しく深く読み解いていくものが多いと思うんだけど

今回はキャッチフレーズにもあったように
まさに日本の”美術”の年表を見ているような感じでした。

家系図って確かにぴったりだな、と思うんだけど
例えば1人の画家がいて、どんなに有名で偉大な作品を残していたとしても
きっとその人がその絵を描くまでには
誰かほかの人の作品を目にしていて

でもそれってなかなか並べて見られることって少ない。

特に第2章の
巨匠のつながりのコーナーがわかりやすかったんだけど
中国の画家の方の絵と
雪舟がそれを念頭に描いた絵を
並べて鑑賞することだけであれば
雪舟の企画展であるかもしれないけど

さらにそこから、同じように
過去の人の絵をうまく切り貼りするような手法を
俵屋宗達も使っていて
さらにその後、伊藤若冲になると
自分の過去作のいい構図を後年にも使っている。

そういう今までだったら横のつながりでしか見られなかったものが
縦のつながりでも何か見えるものが出てくるっていうのは
今回の「名作誕生―つながる日本美術」
すごいわたしは楽しめた点でありました。

だからこそ、もっと見たかった!笑

所要時間…

土曜日の午後、3時頃に入館しましたが
大体1時間半ぐらい。
混雑具合はそれほどでもないです。

でも西洋絵画とかと違って
1つ1つの作品がちょっと小さめだったりとか
聖徳太子絵伝とかは木板なのもあって
彩色がそんなに色濃くなくて
結構近くいってみなきゃいけないシチュエーションが多いので
そこまで混んでないけど、しっかり見るのには時間がかかったかな。。。

オーディオガイドは約40分

借りるの、おすすめです!
会場の絵の説明は
スペースの関係とかもあって
やっぱりそんなに詳しくないし

わたしは結構聞いてて
「へぇ~そうなんだ」ってポイントが
多く感じました。

あともう一回言っとく?

声がいい

ぜひともしっかり「見返り美人」のボーナスの
88番もお聞きくださいませ(笑

会期はあと1週間!
美術鑑賞好きな人はきっと楽しめると思います!

名作誕生―つながる日本美術

名作誕生―つながる日本美術
場所:東京国立博物館[平成館]
会期:~5月27日まで

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top