Just Another World

Just Another World

お寺

【美術】仁和寺と御室派のみほとけ展に行ってきた

【美術】仁和寺と御室派のみほとけ展に行ってきた
Pocket

会期も間もなく終了のタイミングですが…

仁和寺と御室派のみほとけ
-天平と真言密教の名宝-

に行ってまいりましたー!

仁和寺と御室派のみほとけ東京国立博物館夜のトーハク、素敵でした…

会場は上野の東京国立博物館(平成館)
ここ、運慶展とかもやってたし
なかなか仏像系の展示会はここ多いよね…

金・土のほか
最後の一週間は他の日も何日か
閉館時間が延長されてたんだけど
あまり周知されていなかったのか
めっちゃすいてて快適だった…!!

独断と偏見による個人的感想(笑

もちろん一番の目的は千手観音像だったのだけれども
それ以外にも素敵な仏像が多かったので
厳選して感動ポイントを残していきたいなと思います。

仁和寺の観音堂の再現

これはまぁ見どころとして
会期前からフィーチャーされていたけども…
やっぱり目の前にすると
想像していた以上にテンションが上がる!

仁和寺 観音堂 仁和寺 観音堂 仁和寺 観音堂 仁和寺 観音堂

普段修行僧の方しか入れないところって
もっと密閉されて暗い雰囲気なのかなって
ずっと想像でしかなかったけど
仏像は結構色とりどりなのね…

彩色豊かでびっくりしました。

ここは撮影可能スペース。
これは本当空いてる時に来てよかったポイント
ナンバーワンかもしれない!
(ゆっくり千手観音像眺められたのと並ぶ程嬉しかった…!!)

 

国宝【薬師如来坐像】

3つに厳選して書こう!と思った時に
仁和寺の観音堂と千手観音像はすぐに決まったんだけど
最後もうひとつは【彦火々出見尊絵】(ひこほほでみのみことえ)という
絵巻とどっちかなーと悩みまして。。。

【彦火々出見尊絵】も本当よかったんだけど
全巻公開ではなかったし、ってところで
京都:仁和寺(霊明殿)ご本尊の
【薬師如来坐像】に軍配があがりました(笑
後半に行ってよかったぁ~

像高わずか12センチの小さな薬師如来坐像。
ちなみにiPhone6の高さが158.2mmとのことなので…
iPhoneより小さな仏様!(まぁ胡坐かいてる座っていらっしゃるけど)
台座を含めても22センチというので
本当に小さな仏像様なのですが…

その装飾は圧巻でした。

小ささは先にお伝えした通り。
でもその限られたスペースの中に
日光・月光菩薩立像十二神将像が並ぶ
超絶技巧…!
光背にはこれまた小さな7人の薬師如来(分身)様…!
光背:仏様の後ろの光部分。後光がさす、とかの後光にあたるところね

たまに展覧会で小さな望遠鏡とか双眼鏡とか持ってる方がいて
そんなのよりは肉眼がいいだろー!派なんだけど(笑
今回ばかりはちょっと拡大して見たくなった…!

緻密で且つ立体的に掘られた薬師如来様
(しかも時は平安!)

普段は見れない秘仏本尊とのことなので
見逃さずぜひご覧くださいませ。

 

国宝【千手観音菩薩像】

正直この仏像を見るために
この展覧会に行ったようなもんです…

 

大阪・葛井寺蔵千手観音菩薩坐像
もちろんですが写真撮影は禁止なので
お土産に買ったクリアファイルでご容赦を…笑

本当は前半期の1月に来ようと思ってたんだけど
千手観音像が限定展示だったので
こんなギリギリになってしまった。。。
(おかげで代わりに大観と狩野派の展示行けたけど(笑)

通常の千手観音像はだいたい42本の手をお持ちですが
(これは1本の手が25本分としてカウントされるため…
25本+合掌してる2本=42本が一般的。
二十五有という仏教の世界観に通じるものだけど長くなっちゃうので割愛)

これは現在確認されている中では
唯一1000本を超える御手をお持ちの
仏像様だそうな!

いやぁ…今の技術だったらまだしも
これを奈良時代に作ろうっていうのが
なんとも…気が遠くなる…

仏像をこうして並べて展示するのって
実際問題どうなの?って思わないわけではないです。
ましてや秘仏のような大切なものを…って。

でも結局仏教も偶像崇拝だから
キリスト教の聖遺物とかとは違って
あれも人の手によって作られたものなんだよなぁ…って思うと
またちょっと見方も変わってくる気がする。

どちらにしても、たとえ御開帳とかがあったとしても
仏像の裏側ってなかなか見られる機会がないから
こういう形で展示があると
例えば後ろ側の仏様の顔とか
それこそ1000本以上の手がどうやってくっつけられているのかとか
そういうのを実際に目で見れるのはすごく貴重なことだよね。

なので最大の経緯を払ったうえで
こういう機会にはどんどん参加するのが
いいんじゃないかな、と。
親子で行けたらもっといいんじゃないかな、と。

そんなことを思いました。

まだ行ってない人はぜひ
最後の週末にかけて、おすすめです!

特別展「仁和寺と御室派のみほとけ-天平と真言密教の名宝-」
東京国立博物館 平成館にて
2018年1月16日(火)~3月11日(日)
(展示替えあり)

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

CAPTCHA


Return Top